NEWS

基準ピッチ 440Hz、432Hzについて

クリスタルボウル・ヒーリングSHOPのボウルは、基本的に「A=440Hz」の基準で音階を決めています。
一部、「A=432Hz」もラインナップしています。

「A=440Hz」や「A=432Hz」についてご紹介します。

1. まず、音は「○○Hz(ヘルツ)」という、「周波数」の数値で表すことができます。
2. しかし、楽器を演奏するに当たっては「○○Hzの音」というのは言いづらいので、一定のルールで音階(ドレミファソラシ)を決めることにしました。
3. このとき、「何Hzをドレミファソラシの何にするか?」という「基準」を決めなくてはなりません。
4. その基準が、「440Hz」だったり、「432Hz」だったり、数種類存在しています。

440Hz基準のドレミファソラシは以下の周波数です。
ラ(A)の音が440Hzになることを基準にしています。

ラ 220.00Hz
シ 246.94Hz
ド 261.63Hz
レ 293.66Hz
ミ 329.63Hz
ファ 349.23Hz
ソ 392.00Hz
ラ 440.00Hz

432Hz基準のドレミファソラシは以下の周波数です。
ラ(A)の音が432Hzになることを基準にしています。

ラ 216.00Hz
シ 242.45Hz
ド 256.87Hz
レ 288.33Hz
ミ 323.63Hz
ファ 342.88Hz
ソ 384.87Hz
ラ 432.00Hz

次に、クリスタルボウル特有の「ピッチのズレ」についてご説明します。
クリスタルボウルの製造は「偶然の要素」に委ねられている部分が大きいため、
厳密に音程(周波数)を調整することができず、ズレが生じます。

そのズレの数値を「+−」の数値で表し、半音(例:CとC#)の間には「100」のピッチがあります。
つまり、「C +100」とは半音上の「C# +-0」のこと、「C +50」は「C# -50」と同じ音です。

基準ピッチは、あくまで「音の基準(スタート)をどこにするか?」のルールです。
基準が432Hzであろうと、440Hzであろうと、絶対的な音の周波数(音の響き)には変わりがありません。

一部の販売店では「A=432HzのA+45」というような表記でクリスタルボウルを販売していることもあるようですが、
「A=432HzのA+45」とは、440Hz基準なら「A +13」に該当する音階です。

+45までピッチがズレてしまうと、もはや432Hz基準とは言えなくなってしまいます。

少し難しいお話なので、「私が持っているボウルとハーモニーが作れるのはどれ?」というご質問は、お気軽にお問い合わせください。