お知らせ

クリスタルボウルの表記の意味について

クリスタルボウルの表記について説明します。

例:
7インチ D -5

最初の「○インチ」はボウルの直径の大きさです。1インチは約2.54cm。大きなボウルは音が重厚で演奏もしやすいですが、可搬性は低くなります。

次のアルファベット 1文字はボウルの音階です。それぞれ、

A:ラ
B:シ
C:ド
D:レ
E:ミ
F:ファ
G:ソ

を表しています。「LOW-A」のように「LOW」が付くのは通常のAより1オクターブ低いもの、「HIGH−C」のように「HIGH」が付くのは通常のCより1オクターブ高いものとなります。

次のプラスマイナスの数値は「ピッチ(音程)のズレ」です。

クリスタルボウルの製造は偶然の要素が大きいため、同じA(ラ)のボウルであっても、それぞれ微妙に音程が高かったり・低かったりと異なっています。この音程の違いをプラスマイナスの数値で表記しており、数値が100になると半音変わります(C +50と C# -50は同じ音、C +100は C# ±0です)。

ピッチの数値がプラスに大きくなると、同じ音階であっても明るくハリのある響きとなり、マイナスに大きくなると、同じ音階であっても落ち着いた深い響きとなります。プラスマイナスの数値が大きくないものは、ニュートラルな響き方です。

ピッチの数値が近いもの同士であればキレイなハーモニーを作りやすくなるので、ふたつめ以降のボウルを検討するときはピッチの数値が近いボウルを探してみることをオススメします。

より詳しい情報はクリスタル サウンド・バスのHPもご覧ください

https://crystal-soundbath.com/what